活動
報告

選手村開発に伴うまちづくり、スポーツ振興文化が鍵?

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて日本各地で選手や観覧客を迎え受け入れるための様々な開発が進められています。

東京都内においても自治体を中心に選手村が開発される区もあり、大会以後のまちのあり方についての「次なる施策」を検討しなければならない状況が見られています。

そんな中、文部科学省が推進している政策を取り込んで、オリパラ後の設備を長期的な視点で活用するための方法についてヨーロッパにおける街づくりと住民生活のメカニズムを考えるワークショップが都内で小規模に開催されました。

地元区の議員さんの呼びかけで集まった複数の民間団体から代表者たちが参加し、一過性で終わらないために見聞を広げる、スポーツとまちづくりの融合案について活発な討議がなされました。

 

役立つリンク集