活動
報告

郷土料理をフィーチャーした専門店の魅力

東京都中央区に店を構える「瓦.Tokyo」は、山口県の郷土料理である「瓦そば」を前面に打ち出した、女性の一人客でも入りやすいとてもおしゃれなお店として際立っています。

お店自体は繁華街から外れた場所に位置しているものの、周囲の雰囲気からさりげなく飛び出した目立つ印象。シックな外観が現代風ながらどこか古風でもあり。

昼は瓦そばを中心としたランチスポットとして、夜は仲間で楽しいひと時を過ごせる居酒屋として、都会で働く人たちに憩いの空間を提供しています。

店主さんはもちろん山口県出身。地元の本物の味を都内で楽しめるようにと研究を重ね、オリジナルの瓦も準備してお店をオープンしたそうです。熱々の瓦の上にのせられた、少し焦げ目のついた蕎麦はとても香ばしくてレモンとの相性もぴったり。

メニューに食べ方が詳しく記載されていてとても親切。たった一種類の郷土料理をここまでフィーチャーして、それに特化したスタイルのお店を開くというのは、全国から集まっている都会の人に対する素晴らしい郷土PRになるのではないでしょうか。もちろん経営のシステムもお店の運営もシンプルな構成になっているのも参考になります。

地域の魅力を発信するのに複雑な仕組みは不要です。主役となるメニューにスポットを当てて、「徹底し」「場所を選び」「空間を作る」ことで、その魅力を伝えていくことは可能なのだと考えさせられます。

瓦.Tokyo

 

役立つリンク集